王子神社 – 萬満寺の守護神として創建された神社

王子神社 – 萬満寺の守護神として創建された神社

2015年10月20日

概要

幸江序命さちえわけのみこと市杵島姫命いちきしまひめのみこと(※注)、猿田彦命さるたひこのみことを祀っています。

※注:由来板には「市島姫命」とありますが、誤字かと思われます。

小道を挟んですぐ隣に位置する古刹万満寺の守護神として創建され、当時地域一帯は水が乏しい砂丘だったため、諏訪明神を勧請し寺領の鎮守としました。
文明年間(1469~1487年)に王子より王子権現を移し、天文6(1537)年に王子権現社となりました。さらに、明治6年の太政官布告による神社分離の際に王子神社となったのです。

2015年10月12日未明に不審火による火災が発生、王子神社の本殿・幣殿・拝殿が全焼しました。
現在は、集会所と倉庫の間境内の仮社殿にて各行事等に対応しています。

コラム

基本情報

住所〒271-0051 千葉県松戸市馬橋1784
参拝時間自由
参拝料自由
電話番号不明
アクセスJR常磐線「馬橋」駅より徒歩約10分
駐車場なし
バリアフリー階段なし
御朱印(神職不在)
年間行事10月19日:例祭

近くの寺社

参照

\ このページをシェアする /

松戸の寺社の魅力をお友達に伝えよう

ページ先頭に戻る