西蓮寺(松戸)- 中部小学校発祥のお寺

西蓮寺(松戸)- 中部小学校発祥のお寺

2017年7月23日

文禄3(1594)年、徳川家の関東入国の際、矢喰村(現在の矢切)に三河国より釈順誓師しゃくじゅんせいしを招聘して一宇を建立したのが始まりといわれています。その19年後、現在の位置に招聘され移転しました。

歴代住職は教育熱心で、江戸時代末期に本堂で寺子屋を開き、近隣子弟の教育に当たっていたと伝えられています。
明治6年には、いち早く西蓮寺を仮校舎として松戸小学校(現在の中部小学校)が創立されました。
境内には、教え子たちの手で高等小学校第二代校長「小林鎮一郎先生」の筆子塚が建てられています。

コラム

投稿は見つかりませんでした

基本情報

住所〒271-0092 千葉県松戸市松戸1900-1
参拝時間不明
参拝料自由
電話番号047-362-2904
アクセスJR常磐線・新京成線「松戸」駅西口より徒歩約10分
駐車場境内にあり
バリアフリー境内は階段なし
御朱印不明
年間行事不明

近くの寺社

参照

\ このページをシェアする /

松戸の寺社の魅力をお友達に伝えよう

ページ先頭に戻る