医王寺 – 松戸七福神「毘沙門天」を祀るお寺

医王寺 – 松戸七福神「毘沙門天」を祀るお寺

2017年6月25日

概要

江戸時代始め・寛永年間に創建されたお寺で、本尊は不動明王です。

当時、疫病が流行していたこの地域に越後から不動明王を背落った僧侶がやって来ます。この不動明王に祈願したところ疫病を鎮めることができ、不動明王をお祀りすることになりました。

特に信仰の厚かった高木治右衛門が現在の境内にあたる土地を寄進し、堂宇を建立し病を鎮めたことから「医王寺」の名前が付きました。

松戸七福神のうち、毘沙門天を祀っています。毘沙門天は気力と財宝をさずけるといわれている神です。
毎年正月に松戸七福神巡りが開催され、特別な御朱印をいただくことができます。

コラム

基本情報

住所〒270-0007 千葉県松戸市中金杉4-189
参拝時間不明
参拝料自由
電話番号047-341-0728
アクセス流鉄流山線「小金城趾」駅より車で約10分(徒歩約20分)
松戸新京成バス「区画整理記念館」バス停から徒歩約10分
駐車場あり(道路挟んで向かい側)
バリアフリー階段なし
御朱印あり
年間行事正月:松戸七福神

近くの寺社

参照

\ このページをシェアする /

松戸の寺社の魅力をお友達に伝えよう

ページ先頭に戻る