「第4回 松戸の寺社春色フォトコンテスト」結果発表

「第4回 松戸の寺社春色フォトコンテスト」結果発表
2019年6月2日

大賞・優秀賞以外の応募作品一覧③

どれも素晴らしい作品ばかりです。ご応募くださった撮影者様渾身の、豪華絢爛な作品をぜひご覧ください。
ご応募を受付した順に掲載しております。

平賀LOVEさん

「花に囲まれた本堂」

タップすると拡大します

本土寺は生きているお寺である。午前11時ころ本堂に近づくと読経の声が聞こえてくる。観光シーズンではないので物音もほとんどしない。春の花ばかりが華やかに本堂を飾っていた。

撮影場所:本土寺
撮影日:2019/4/28

審査員コメント
  • 花に囲まれ、春を感じます。

「かなめもち(レッドロビン)の花が飾るご本堂」

タップすると拡大します

本土寺は生きているお寺である。午前11時ころ本堂に近づくと読経の声が聞こえてくる。西側に華やかな花がありご本堂を飾っている。要もち(レッドロビン)の花である。

撮影場所:本土寺
撮影日:2019/4/28

審査員コメント
  • 素敵な色合いの写真です。

「躑躅に燃える13重の塔」

タップすると拡大します

自由奔放な真っ赤な躑躅の花と幾何学的な13重の塔の取り合わせが不思議とマッチしていて美しい。

撮影場所:本土寺
撮影日:2019/4/28

審査員コメント
  • 色の対比が素敵です。

寿老人さん

「クリーム色の牡丹」

タップすると拡大します

徳蔵院は急な階段を上って本殿の前にたどり着く。たまたま住職からお茶をいただいて、話が弾んだ。その住職に教えられて、そのあたりを探すと、珍しいクリーム色の大輪の牡丹が咲いていた。

撮影場所:徳蔵院
撮影日:2019/4/28

審査員コメント
  • 珍しい色はもちろん、幾重にも重なる花びらもまた美しい牡丹。本堂とともにしっかり収められていますね。ぜひ実際に足を運んでみたいものです。

「エニシダの花」

タップすると拡大します

牡丹の隣はエニシダの花が大きく広がっていました。

撮影場所:徳蔵院
撮影日:2019/4/28

審査員コメント
  • 構図が素敵だと思いました。


神輿野郎さん

「神亀の目覚め」

タップすると拡大します

穏やかな木漏れ日に神亀が目覚めて動き出したかのようです。これは、松戸神社の中に置かれた彫像です。

撮影場所:松戸神社
撮影日:2019/4/28

審査員コメント
  • これから動き出そうとする姿に、春を感じました。

「春の竜頭」

タップすると拡大します

穏やかな春の陽を捉えようとあえて逆光で撮ってみました。

撮影場所:松戸神社
撮影日:2019/4/28

審査員コメント
  • 何色もの光を感じる素敵な写真です。

「銀杏と楠木の芽吹き」

タップすると拡大します

銀杏の葉と楠木の葉がどちらもまだ幼くていとおしい色合いです。これらを背景に社殿を収めてみました。参拝客がひっきりなしに行き交う境内で、人が写りこまない瞬間を辛抱強く待ちました。

撮影場所:松戸神社
撮影日:2019/4/28

審査員コメント
  • 光が差し込み、明るい春を感じます。

きれいが好きさん

「暖かい日」

タップすると拡大します

ここは、庭も植木も手入れが良いきれいなお寺です。雨上がりのすがすがしく温かい日でした。

撮影場所:長聖寺
撮影日:2019/4/28

審査員コメント
  • 色がはっきりとしていて印象的な写真です。

「緑紅白碧(りょくこうはくへき)」

タップすると拡大します

木々の緑、楓の新芽の紅、13重の塔の白、空の碧、、。たくさんの色があって幸せです。

撮影場所:長聖寺
撮影日:2019/4/28

審査員コメント
  • 色の対比が素敵です。

タップすると拡大します

「楓の赤ちゃん」

母なる楓が育む楓の赤ちゃんがありました。かわいいですね。

撮影場所:東漸寺
撮影日:2019/4/28

審査員コメント
  • 楓に囲まれて、春を感じます。

次のページへ

ページ先頭に戻る