松戸市無形文化財「大橋の三匹獅子舞」

松戸市無形文化財「大橋の三匹獅子舞」
2016年10月16日

舞手の登場

19時半頃から、ついに始まりました!笛に合わせて、猿を先頭に獅子が現れます。
このときはまだ獅子の面には布をかぶせています。

社殿正面に並ぶと、舞の奉納が始まります。

猿を先頭にして舞が続きます。

最初は、横一列に並んでいますが、次第に輪になって太鼓を叩きます。

猿も大忙し

三匹獅子舞が舞っている間、猿も大忙しです。
おひねりを観衆からもらうと、準備してあったみかんをお返しします。

前のページでも書いたように、ユーモアのあるお猿さんなので子供たちに大人気です。

みかんを持って獅子たちとともに舞う場面も。

次のページ:大橋の獅子舞は唄が入る

ページ先頭に戻る