「第4回 寺社を彩る紅葉!フォトコンテスト」結果発表

「第4回 寺社を彩る紅葉!フォトコンテスト」結果発表

2019年1月15日

大賞・優秀賞以外の応募作品一覧③

どれも素晴らしい作品ばかりです。ご応募くださった撮影者様渾身の、豪華絢爛な作品をぜひご覧ください。
ご応募を受付した順に掲載しております。

白石 静次さん

「紅葉と山門」

タップすると拡大します

寺の入り口にある山門の脇での撮影。門の朱ともみじの紅、どちらも赤なので画面いっぱいに赤になりました。

撮影場所:本土寺
撮影日:2018/11/30

審査員コメント
  • 「幹と紅葉」「赤い壁と屋根の影」の、黒と赤の対比が印象的でした。

「石像と紅葉」

タップすると拡大します

石像の主は日像上人とのこと。日像上人もその昔、この寺の紅葉を見たのだろうか・・などと思いながらシャッターを押した一枚です。

撮影場所:本土寺
撮影日:2018/11/30

審査員コメント
  • 石像が神々しく光っていて神聖な写真に見えます。

「紅と黄の競演」

タップすると拡大します

乳出銀杏の黄ともみじの紅とのコントラストに目を引かれて撮影しました。

撮影場所:本土寺
撮影日:2018/11/30

審査員コメント
  • 黄色と赤のコントラストを見上げる形で撮影していて、素敵です。

宮崎 郁朗さん

「山門のそばに(A)」

タップすると拡大します

東漸寺の紅葉を前から撮影したいと思っていました。やっと念願がかないました。青空のもとと思っていましたが……。

撮影場所:東漸寺
撮影日:2018/12/8

審査員コメント
  • 落ち着いた色の紅葉と門と2匹の狛犬が、発色の良い赤い紅葉を引き立たせていて素敵なお写真だと思いました。

「山門のそばに(B)」

タップすると拡大します

東漸寺の紅葉を前から撮影したいと思っていました。やっと念願がかないました。青空のもとと思っていましたが……。

撮影場所:東漸寺
撮影日:2018/12/8

審査員コメント
  • 赤と黄色が混じった枝を写していて素敵です。

「鐘の色」

タップすると拡大します

東漸寺の紅葉を前から撮影したいと思っていました。やっと念願がかないました。青空のもとと思っていましたが……。

撮影場所:東漸寺
撮影日:2018/12/8

審査員コメント
  • 全体的に燻んだセピア調の写真で、趣を感じられます。


SATOHIROさん

「秋色スケッチ」

タップすると拡大します

本土寺を訪れると落葉始まる境内でスケッチされている方がたくさんいらっしゃいました。仁王門の階段で描かれていた方にお話を伺うと、月に二 度ほど集まってスケッチされているそうです。透明水彩の難しさや仲間と過ごす楽しさを教えていただきました。描いている姿の撮影許可を貰いましたので今回秋色の風景の中に登場していただきました。

撮影場所:本土寺
撮影日:2018/12/11

審査員コメント
  • 紅葉は寺社に彩りを与えるだけでなく、わたしたちの生活にも彩りを与えてくれるもの……そんなメッセージを感じる一枚でした。
  • 壮大な門と紅葉に溶け込む絵描きさんが良い味を出している写真だと思いました。

「もみじ色の空」

タップすると拡大します

紅葉の見頃を過ぎて落葉が始まりだした本土寺です。五重塔周辺ののモミジの葉はまだ残っていて師走の曇り空から少ない光を受けて紅く発光していました。首は疲れるけれど見上げていたい風景でした。

撮影場所:本土寺
撮影日:2018/12/11

審査員コメント
  • 真下から見上げる赤い紅葉と五重塔が白い空に映えていて素敵でした。

「秋色の鐘楼」

タップすると拡大します

東漸寺の長い参道を歩いていきます。師走に入り暫くは平年を上回る気温の日が続いていましたが今日は冷え込んでいました。冬らしく色彩が薄くなってきた風景の中で、鐘楼の周りだけ紅葉が残っていて息を呑む美しさです。

撮影場所:本土寺
撮影日:2018/12/11

審査員コメント
  • 全体的に暗い画に映える赤い紅葉が印象的でした。

山下 健太郎さん

「秋の彩り 仁王門から広がる」

タップすると拡大します

今年は塩害のせいか葉枯れが目立ったので、黄色に色付いたタイミングで撮影してみました。

撮影場所:本土寺
撮影日:2018/12/2

審査員コメント
  • 赤色を写した写真が多い中、黄色の紅葉を写した画が印象的でした。

「秋の彩りと仁王門の朱(あか)」

タップすると拡大します

今年は塩害のせいか葉枯れが目立ったので、黄色に色付いたタイミングで撮影してみました。

撮影場所:本土寺
撮影日:2018/12/2

審査員コメント
  • 黄色い紅葉と赤い門の対比が素敵です。
ページ先頭に戻る